ブログ

認知症不明最多1万9039人、消防団との意見交換で感じた捜索活動の大変さ


今や、消防団の活動は捜索活動が主になっているとのことを聞き、その後掲載された西日本新聞の記事。認知症不明者最多と言う中で、死亡553人という状況は深刻だと感じた。高齢化はこうした課題も抱えている。

生命維持可能な72時間。消防団の方々は、その間、自分の仕事を休む必要もあるという。発見者読み取ると家族に知らせるQRコード、発信器を持った人が近くを通ると家族に知らせる児童販売機、ICTやGPS端末、ドローンの活用が考えられているものの、実際の捜索活動にどう生かせるのか、特に認知症の人の遠距離移動は多くの人が体験している。

 

CONTACT

みなさまからのご意見やお問い合わせをお待ちしております。
事務所所在地

〒811-4163 福岡県宗像市自由ヶ丘7-6-1

Google map
TEL・MAIL

0940-25-5344

MAIL TO